福井県鯖江市の中村社会保険労務士事務所            

spacer spacer
<代表者プロフィール>



福井県出身

平成7年
   社会保険労務士試験合格

平成13年
   独立開業

平成19年
   特定社会保険労務士付記



組織における「ヒトと経営」を考えるレポートを毎月発行しています
(無料です)



社会保険労務士個人情報保護事務局(SRP)
ADRの専門家 特定社会保険労務士

労働問題



平成22年11月29日に福井労働局から「平成22年度上半期 福井局における 個別労働紛争解決制度の運用状況」が発表されました。

 その内容は、「労働問題に関する相談件数は制度開始以来最多ペース」となったとあります。

 個別労働紛争解決制度は、個別紛争の多発をきっかけに設置されたもので、その後の労働者の権利意識の向上もあいまって件数の増大がつついています。

 最近の傾向として、個別労働紛争解決制度に頼らず、労働審判制度に直接訴える者が多いとのこと。

 このようななかで、経営者はどのようにリスク管理をするかが問われています。

 また、雇用形態の多様化が労務管理を複雑にしています。

 ここでいうリスク管理とは、労使間で紛争を生じさせないための管理です。また、紛争とは、話し合いをすることが困難な状態のことをいいます。

 会社には、労働条件を定めた就業規則があるはずですし、定めがない場合には、従前の職場での慣習が、その会社の労働条件となります。もちろんその場合においても労働基準法の定めを下回ることは違法となります。

 日々の忙しい本業の他に、これらの複雑な問題が加わり、対応に苦慮されている事業主の方も多いのではないでしょうか。
 ご相談して頂くことで対応の新たな選択肢が増え、また解決への道筋がつく場合もあります。
悩みや不安が大きくならないうちに、まずご連絡ください。


本件に関するお問い合わせ



■御社様名 ※必須
■代表者様(ご担当者様) ※必須
■社員数
■電話番号(半角)
■Fax番号(半角)
■メールアドレス(半角) ※必須
■ご住所
■ご依頼・ご相談